NHK テレビでハングル講座2016と併せると 初級者でも、速い上達が実感できる本

私は 韓国文化に興味がとてもあるので、当然、韓国語勉強は必須となります。

で、基礎固めとして 私がいいな、と思った本のご紹介です。

まず、こちらの二冊。

 

初級用韓国語テキスト本

 

まずは、文字が読めない、書けないことには始まらないということで、

書き込みがいっぱいできる 「あいうえおから始める書き込み式ハングルBOOK」 CD付き。

 

書きこむ事によって すいすい頭に入っていきます。

この本は、 一寸大きめの本なので、字も大きく、途中途中の解説がわかりやすいので、

ホントに基礎の基礎部分を、どうして そうなのかを、これ一冊で理解しながら進められます。

ノートを別に用意して、書いて覚えていくのが いまいちな人には、とてもいいです。

 

他にも 書き込み式のものは色々出ていますが、

 

私は、ジュンク堂に行って、ジュンク堂一押し欄のこれが、なかなか良かったので決定!

 

そして、もう一冊

「ひとりでもどんどん学べるはじめての韓国語」 こちらもCD付き。

こちらは、普通の本の大きさ。一冊にギュッと詰まっています。

 

書店で、色々な本を 読み比べたとき一番、

これが知りたかったのよ!というのが、どのページを開いても、すぐに分かるように載っていて、

これいいんじゃない?と、ピン!ときました。

 

でも、この本、アマゾンなどで、高評価の韓国語本には 入ってなかったな。。と思って、

アマゾンで好評価の見たことのある他の本をピラピラ。

 

うーん・・でも、やっぱり 「ひとりでもどんどん学べる・・・」がいいよなあ・・

数分迷って、やっぱり自分に合ったものにしよう。と、こちらに決定しました。

 

そして、家でこの、「ひとりでもどんどん・・」をはじめてみると・・

良いです。確かに良いです。でも・・なんか 覚えきれていない。

 

なんだろう。

 

そう、要点が端的なのはいいのですが、すべてが要点!的な。

 

そうなんです。次から次に 要点なので、休まらない! だから、すべてを覚えながら進めることになるので、疲れるのです。

なので、がんばっても、一回、15から20ページくらいですかね。

 

私は、やるからには ガンガン進めたい方なのですが、

この本だと、ガンガン進めると半分くらいしか頭に残っていない。

 

内容はとても良いので、、しょうがない、何回も重ねて読んでいくしかないかな。と思っていた矢先、

 

NHKの「テレビでハングル講座」の放送が! しかも今年は、GAT7 !

そして、日本からは、渡辺 秀くん! えくぼが 爽やか!

こちらは、練習帳が 別冊で でていますね。

 

こちらの番組は、前にちょっとだけ見たことがあり・・・でも、途中からだったので、なんとなく

波に乗れず、ちょっとだけで見なくなってしまいました。それ以来、私の韓国語習得候補からは

脱落していて考えていなかったんですね。

 

でも、たまたま見たら・・ わかりやすい!笑

パソコンサイトも 結構充実。

NHK「テレビでハングル講座」サイトへ
「ひとりでもどんどん・・」と違って、遊びがあるので、力入れて集中しなくていいし。

 

逆に すいすい 入ってくる感じ ♪

 

まあ、やっぱり 映像っていうのは 大きいです。 思った以上に。

 

それに、とても実用的。 実用会話としての習得をめざしつつ、ちゃんと文法の解説も。

 

ひとりでもどんどん で読んだ内容が、「そうそう」ってな感じで、蘇ってくるし。

 

嬉しい相乗効果。

 

とりあえず、

「テレビでハングル講座」見ながら、「ひとりでもどんどん」 で 進めてみようかと思います。